川島如恵留の彫りの深いお顔はハーフだから?名前の由来やかわいい妹について

ジャニーズ

クイズ番組でも大人気!Travis Japan(トラビスジャパン)の最年長で青山学院大学出身のハイスペックな川島如恵留さん。

その目鼻立ちがハッキリしている顔立ちや、名前が外国人っぽいことから、「ハーフなのか?」と疑問に思う方がいるようです。

そこで川島如恵留さんはハーフなのか、「ノエル」の名前の由来、同じく芸能活動をされていだという妹さんについて調査しました。

 

川島如恵留は「オランダ1/8」の生まれ

川島如恵留さんのご両親は二人とも「日本人」だそうです。なのでハーフではないんですね。

でもあの彫りの深い綺麗な日本人離れした顔は海外の血が流れていそうですね。

調べていくと「オランダ」の方の遺伝子を受け継いでいました!

真珠の耳飾りの少女』 は、オランダの画家 ヨハネス・フェルメール の絵画

 

オランダと言えば「水車小屋とチューリップ」ですね。川島如恵留さんに超似合いそう。

いや~、「オランダの風景」と「川島如恵留さん」は自然と絵になるように見えますね

 

血族は具体的にはお母さんが「クオーター」のようです。

川島如恵留 YouTube動画でハーフでないことを公表してました。

Travis Japan【被っちゃダメよ】間違えるたびに罰ゲームがキツくなる !?

 

Travis Japan(トラビスジャパン)の「被っちゃダメよ」のお遊び動画の中で川島如恵留さんが告白してました!

この動画の12:55に注目です!

 

宮近さんが「オランダ」という回答をしたところ、のえるくんが「わたくしの1/8を構成されているのはオランダでございます」と補足?

 

ところで、

仮にひいおじいさんがオランダ人だとすると大変な時期の結婚だったと思われます。

結婚された時期を推定するとちょうど第二次世界大戦~終戦の時期の可能性が高く、「オランダ」は敵国でした。(日蘭戦争)

なんだか劇的な出会い壮絶な周りの反対などを想像しちゃいます。

「如恵留(のえる)」の名前の由来はクリスマス?

フランス語で「クリスマス」の意味の Noël(ノエル)。川島如恵留さんの名前にはそんな意味が・・・。あれ?誕生日は11月22日生まれなのでちょっと早い気が?

実は、クリスマスの「ノエル」という意味でつけられたのではなく

お母さんが小さい頃に読んでいた絵本の主人公が「のえる」だったのが由来とか

どの絵本を読まれていたのか特定はできませんでした。

川島さんのお父さんの名前が「一郎」お母さんが「愛(るな)」だそうでその一文字ずつをとったそうです。

お父さんとお母さんからとても愛されているのが分かる名前の由来ですね。

 

川島想妃愛さんは超かわいい!現在は東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科を卒業

如恵留さんの妹の川島 想妃愛(かわしま・そふぃあ)さんは兄と同じく小さい頃は劇団四季などの舞台で活躍されていました。

なかでも舞台「アニー」のテシー役で高評価を得ていたそうですよ。

ピンクの衣装を着ているのが想妃愛さんです。

その後は、芸能活動を辞めて勉学にも懸命に取り組んだようです。

東京海洋大学海洋工学部流通情報工学科で「三次元重心検知理論研究室」で学び20年に大手不動産会社に就職が決まったそうです。

さすが川島兄妹です!

 

川島如恵留の彫りの深いお顔はハーフだから?名前の由来やかわいい妹について まとめ

川島如恵留さんがハーフではなく、「オランダ1/8」だったことが分かりました。
また「如恵留」の名前の由来がクリスマスではなく「絵本の主人公」から、両親の一文字を受け継いでいたこともとても川島家の仲の良さが伝わるお話でした。

妹さんが昔アニーに出ていたこと、現在は東京海洋大学出身で大手会社に就職されているのもさすがという感じでしたね。

ビジュアルも良し、才能豊かで学力もあるジャニーズメンバーが増えてきていますね。特に川島如恵留さんが入っている「ジャニーズクイズ部」は今後も目が離せませんね!

 

川島如恵留の学歴がスゴイ!大学・学歴は?ジャニーズクイズ部の切り込み隊長
人気グループ「Snow Man」の阿部亮平さん率いる「ジャニーズクイズ部」が、 20年8月10日放送のバラエティー番組「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)でテレビ初登場ですね。 「ジャニーズクイズ部」は、ジャニ...
【ジャニーズクイズ部】メンバーの学歴・プロフィールはハイスペック!クイズ部結成秘話は?
ジャニーズといえば、イケメンでダンスもすごいし歌も上手い!・・・というイメージを持っている方も多いと思います。 しかし、最近のジャニーズはプラス『頭も良い』を兼ね備えているメンバーが現れてきました! 天は二物を与えず...

 

 

コメント