横浜に新たなテーマパークが!!米大手映画会社が参入!?TDRの2.5倍の広さ

生活

横浜市にテーマパークがやってくる?

米軍基地の返還に伴い横浜市の瀬谷区に公共交通機関の新設や区画整理でこの計画を横浜市は後押し。なんと1300億円規模の投資が見込まれているとのこと。

また、複数の市関係者が「米大手映画会社」がテーマパークの事業者として挙がっていると語ったと報じています。

 

横浜市にテーマパークがやってくる?場所はどこ?

 構想の舞台は、横浜市瀬谷(せや)、旭両区にまたがる米軍上瀬谷通信施設跡地(約242ヘクタール)。

東京ドーム52個分の広大な土地は戦後まもなく接収され、2015年に返還された。民有地と国有地が各約45%、市有地が約9%を占め、現在は露地栽培を中心とした農地や草地が広がる。防衛省南関東防衛局によると、平成以降に全面返還された米軍施設では全国で最大規模だ。

地元では「海軍道路」の愛称で呼ばれて春になると桜並木は美しく桜のメッカとして有名な場所です。

環状4号線の一部区間のこの道路は、約3キロの直線道路の両脇には400本の桜の木が植えられています。

広大な土地(242ヘクタール)利用方法を横浜市が探していた

『地図で辿る瀬谷の移り変わり(横浜・瀬谷地図くらぶ)』などによれば、「米海軍上瀬谷通信施設」は戦後に接収されたもので、それまではあの場所に旧日本海軍の施設があったというのだ。

2015年までは野球のグランドとして使用するほか、市民の憩いの場として利用されていたがその土地使用として横浜市は試行錯誤していた。

 テーマパークが構想されているのは、約240人の地権者でつくる「まちづくり協議会」と横浜市が「観光・にぎわいゾーン」とすることで合意した約125ヘクタール

朝日新聞が入手した内部資料では、相鉄HDが昨年4月、「テーマパークを核とした観光開発」を「ベスト案」とする土地活用策を協議会に提案。
海外の調査会社に委託調査した結果として、居住人口や観光客が多い首都圏に立地する条件などから、「超大型テーマパーク」の実現可能性があるとしていた。

 

テーマ―パーク誘致を横浜市が選択(林市長)

横浜市によると、協議会はその後、他の複数企業からも土地活用策の提案を受け、最終的にテーマパークを中心に検討することを決定。相鉄HDは同10月、協議会の「検討パートナー」に選ばれた。

 これを受けて林文子市長は同12月、「テーマパークを核とした複合的な集客施設」を誘致する考えを表明。市は農業振興などの他ゾーンを含め、将来的に年間1500万人が訪れるまちづくりを進めるという。

 複数の市関係者によると、テーマパークの事業者として、米大手映画会社の名が挙がっている。

どんなテーマパークがやってくる?USJ?ワーナー?

 これを受けてTwitterでは、「第二のUSJを作って」「もしワーナーなら年パス買う」「ディズニーがフォックスのコンテンツ中心のテーマパーク作ってくれればありがたい」「もしかしてパラマウントなの…?」といった映画ファンの声のほか、「日本が作るべきは『任天堂テーマパーク』だと思うんだよ」など、新たなテーマパークの姿を想像するツイートが数多く投稿されています。

 

ちょっと待って!実はまだテーマパークはないかも・・。相鉄HDの発表は?

ここまで、夢のある「テーマパーク」の計画の話をしてきましたが、実はまだ「不確定」な話であるかもしれません。

本日、旧上瀬谷通信施設(以下「本地区」といいます。)に関する報道がありましたが、
これは当社が発表したものではありません。
当社は、相鉄線沿線の活性化視点でさまざまな検討を進めていることは事実ですが、本地区に関わる事業に関して、現時点で当社として決定した事実はありません。

現在「検討中」ではあるようですが、「テーマパーク」への決定はしていないとのこと。

横浜市と相鉄HDの間の話し合いが今後も続きそうですね。

決定ならばうれしい報道ですが、まだ時間がかかるかもしれません。

生活
シェアする
nabatomoをフォローする
今さら聞けない 本当に知りたいこと

コメント