野田一江の経歴がすごい!出身大学・高校は?セブンルールで紹介 箕面自由学園チア部コーチ!!

未分類

チアリーディング未経験者がチア監督を始めてどうやって全国大会の強豪校に育てていくことができたのか、その軌跡の物語。

2020年2月4日(火)の『セブンルール』~全国優勝31回!日本一常連の箕面自由学園高校チア部密着~に、箕面自由学園チアリーディング部監督の野田一江さんが出演されます。

 

 

野田一江さんの経歴(プロフィール)

職 業:箕面自由学園チアリーディング部『ゴールデンベアーズ』 監督(コーチ)
出身地:大阪府
所 属:JCA(ジャパンコーチズアソシエーション)に所属
資 格:チアリーディング指導者資格ClassⅠ
出身校: 同志社女子大学学芸部音楽学科クラリネット専攻を1987年に卒業。

そして音楽教室講師、演奏家活動などを経験し1990年に箕面自由学園高等学校非常勤講師となりました。

同志社女子大学 学芸部音楽学科クラリネット専攻後は音楽教室の先生をしていました。

野田一江の出身高校を調べましたが、情報がありませんでした。

指導歴:
・平成3年~ 箕面自由学園高等学校 GOLDENBEARS(ゴールデンベアーズ) コーチに就任
・平成13年~ 箕面自由学園幼稚園 ミニベアーズ コーチに就任
・キッズベアーズ 創部&コーチ就任
・第2回 世界選手権大会(イギリス・マンチェスター)大会 女子部門 コーチ就任

GOLDENBEARS(ゴールデンベアーズ)が出演しているCM

GOLDEN BEARS|ゴールデンベアーズ|チアリーダー部
チアリーダーを筆頭に、箕面自由学園が誇る...

野田一江さんがチアリーディング部の監督になったきっかけ

箕面自由学園高校に勤めて2年目の時に、アメリカンフットボール部の全国大会出場が決まり、チアリーディング部もつくろう、という話になったんです。


でも経験者が誰もおらず、『音楽の講師なら発生ぐらい教えられるだろう』と声がかかって(笑)
軽い気持ちでコーチを引き受けたのがはじまりです。

野田さんはチア部創部の前年に非常勤講師として就任したばかりでした。

全くの素人だったので技の難易度も分からず、難しい技にも躊躇なく取り組めたのは逆に強みだったかもしれません。(野田さん談)

最初は何もわからず大学生がチアリーディングで応援しているのをビデオで撮影して雰囲気だけを真似して手探りでチーム作りをしたそうですがなかなか結果はでなかったということです。

 

野田一江監督自身も当時は年齢も若く何でも話せる、生徒も軽い感じだったということでした。
しかし練習中にチアリーディング部内で大怪我をする事故があったことをきっかけに「チアリーディングは命をかけるスポーツ」「信頼関係が大切」ということを学んだそうです。

そしてその信頼関係をつくる作業を手伝うのがコーチだと感じたんだとか。
現在でも「一路邁進(いちろまいしん)…自分を信じて一つの道を努力して進む」という言葉を大切に取り組まれています。

 

「自分に打ち勝ち仲間と高める団結力」(講演会より)

 箕面自由学園高等学校チアリーダー部を創部 当時から牽引してこられた野田さんは、チアリーディ ングの甲子園と言われるジャパンカップで9連覇、 大学生や社会人が居並ぶ中でも優勝実績を誇る強豪チームへと成長させてこられました。


 常勝チームになった現在、勝つことが当たり前になる中で「日本一になることはライバル校に勝つことではない」と野田さんはおっしゃいます。
野田さんは厳しい練習の中で生徒たちに練習 の内容を克明に記録させ、常に過去の自分と向き合うよう指導されています。

去年の今頃より自分は成長しているか、去年できたことが今できないのはなぜなのか

を生徒自身に考えさせ、自身で限界を作ることなく迷ったときには苦しい方を選択するよう指導しておられます。そして全員が過去の自分を超えたいという強い思いを持ち、ジャパンカップの2分30秒の競技時間に向けて全てを捧げることで、チーム全体が「日本一」へ向けて団結するのだと考えてれます。

ジャパンカップ10連覇がかかった2010年、マスメディア に取り上げられるなど周囲の期待が大きくなるにつれ、自分に向き合うことよりもライバル校を意識してしまい、惜しくも準優勝に終わってしまいました

その時のことを振り返り、想像していた以上に自分たちが負けることは周囲を悲しませることであったこと、またライバル校を意識することが日本一になることではないと改めて感じられた野田さんは、自分と向き合い過去の自分を超えることを生徒に徹底させ、日本一への思いのもとチームをまとめ上げておられます。

野田一江さんと箕面自由学園高等学校チアリーダー部の軌跡

■ 平成28年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成27年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成26年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝
■ 平成25年度 JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成24年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成23年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成22年度 関西大会 優勝、高校選手権 優勝
■ 平成21年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝
■ 平成20年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成19年度 アジアインターナショナル 優勝、関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成18年度 全日本選抜 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝
■ 平成17年度 JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成16年度 JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝
■ 平成15年度 JAPANCUP 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成14年度 JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成13年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成12年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成11年度 関西大会 優勝、JAPANCUP 優勝、高校選手権 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成10年度 JAPANCUP 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成9年度 全日本選抜 優勝、西日本大会 優勝
■ 平成8年度 高校選手権 優勝

二十年以上各大会で「優勝」を続けるって並大抵のことではないですよね。

息の合った演技は見ている側も感動してしまします。

箕面自由学園

大阪府豊中市宮山町にある学校です。(住所:大阪府豊中市宮山町4丁目21-1)
MJGミノジという愛称で呼ばれるそうです。


幼稚園、小学校、中学校、高等学校があり、マナーや学力、課外活動などバランスのとれた教育を目指している。

チアリーディング部をはじめ、アメリカンフットボール部、男子バスケットボール部、女子バレーボール部、吹奏楽部の強豪校としても知られています。(関西大会・全国大会入賞多数)」

卒業生として中退しましたが、俳優で政治家の山本太郎さんもいます。

野田一江さんの家族構成

箕面自由学園高等学校チアリーディング部の監督として活躍をする野田一江さん。

結婚していて、公式サイトでは旦那さんと二人の息子さんがいるとの事です。

情報を集めましたが画像等はありませんでした。

天国への応援歌 チアーズ~チアリーディングに懸けた青春

野田一江さんがコーチをしている箕面自由学園高等学校 GOLDENBEARSの実話をもとにドラマが作られたことも。出演者に「石原さとみ」「ソニン」「天海祐希」などすごいメンバーが顔をそろえています。

『天国への応援歌 チアーズ〜チアリーディングにかけた青春〜』は、日本テレビの制作で、2004年4月3日に日本テレビ系列(NNS)で放送された単発のテレビドラマ。
2002年の『NNNドキュメント’02』で読売テレビが製作した、大阪府豊中市の箕面自由学園高等学校チアリーディング部を取り上げたドキュメンタリー『天国への応援歌〜めざせ!日本一のチアリーダー』の内容を基に、日本テレビがドラマ化したものである。

野田一江さんの「セブンルール」まとめ

2020年2月4日(火)の『セブンルール』にて野田さんの7つのルールが明らかになります。

一路邁進(いちろまいしん)のモットーのように精神的なものでしょうか?それとも「朝起きたらみたい○○する!」なことでしょうか?

 

 

日本一を実現している野田さんがどのようなことをルールはこの7つ!!

1. 他校がやらない技を取り入れる
2. ノートで生徒の心の声を聞く
3. 家族の朝食は全員別メニュー
4. 生徒の前では常に笑顔
5. テストの点数次第で練習から外す
6. ゲンは担ぎまくる
7. 生徒とは距離を置く

常に前向き、生徒の将来のことも考える、そして「私のために頑張るのではなく、自分のために頑張れる子」にする為の7つのルール。

指導者以前に人として、親として心に刺さりました。

日本一を取れる人材を育てる日本一の指導者のルールにこれからの生活の糧にしたい、そう思えました。

コメント