みはるのものまね料理で年下の旦那をGET!!有吉ゼミで紹介した節約料理まとめ!

未分類

 

令和元年11月11日放送の『有吉ゼミ』で紹介される「みはるのものまねクッキング」 シャチホコ妻が「なす」を7変化でロールキャベツ&北京ダックを作ってしまう! 

ものまね芸人のみはるさんが「有吉ゼミ」で披露する節約料理がすごいと話題。旦那のMr.シャチホコさんも「胃袋を捕まれた」と言い、結婚の決め手になったというみはるさんの料理に迫ります。

みはるの節約料理 ものまね料理で23歳下の旦那をGET

本名:前田晴美(まえだ はるみ)
生年月日:1970年2月9日(49歳)
出身地:茨城県日立市


みはるさんは1997年にお笑いユニット・コロンブス(相方はTOMOさん)としてデビュー(2005年にユニット解消)。

ものまねを得意として、そのレパートリーは約40種類を誇り、中島みゆきさん、天童よしみさん、ドリカムの吉田美和さんといった本格的な歌手から、田嶋陽子さん、丸川珠代さん、クレヨンしんちゃんやポケモンといった政治家やアニメなどの意外な路線まで、幅広くカバー。

旦那さんは和田アキ子のモノマネでブレイク! Mr.しゃちほこ

2018年10月30日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ)に出演した際に、交際中だった23歳年下のものまね芸人で、2018年に和田アキ子さんのものまねでブレークしたMr.シャチホコさんから公開プロポーズを受け、結婚されました。

結婚当時、Mr.シャチホコさんの収入はバイト代のみで、決して余裕のある状態ではありませんでした。

みはるさんは、23歳年上の奥さんをもらったMr.シャチホコさんが周りから「ベテラン女芸人にくっついた若手芸人」と見られがちなのを分かっていたので、Mr.シャチホコさんが卑屈にならずに済むように、安上がりだけど、見栄えの良い節約レシピを考えるようになったといいます。

みはるの節約料理 ジャガイモ編

ジャガイモを買ってあなたなら何を作りますか?ふかし芋?じゃがバター?

みはるさんの節約料理のレパートリーを紹介!

・じゃがいも麻婆豆腐

材料

(2人分)
[じゃがいも豆腐]
じゃがいも 300g
豆乳 200ml
片栗粉 大さじ3
塩 小さじ1/3

[そぼろ風じゃがいも]
じゃがいも 100g
おろしにんにく 小さじ1
おろししょうが 小さじ1/2
豆板醤 小さじ1/2

(A)
酒 大さじ1
味噌 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
スープ 120ml

[仕上げ]
ごま油 小さじ2
ネギ 1/4本


作り方

[じゃがいも豆腐]
1.じゃがいもをすりおろす。

2.絞り汁に豆乳・片栗粉・塩を混ぜ合わせる。

3.鍋に入れ、中火で練り、固まってきたらタッパーに入れて冷蔵庫で冷やす。

4.冷え固まったらさいの目に切る。

有吉ゼミ ドケチクッキング ドケチ料理 節約レシピ みはる じゃがいも 麻婆豆腐
(出典:番組HP
—————–
[そぼろ風じゃがいも]
1.じゃがいもを粗みじん切りにし、水にさらして水気を拭き取る。

2.薄く揚げ色が付くまで揚げる。

*しっかり揚げることで「肉感」が出ます!

—————–
[仕上げ]
1.鍋にごま油を熱し、おろしにんにく・おろししょうが・豆板醤を入れ、炒める。

2.香りが出てきたら(A)を入れる。

3.煮立ったら[そぼろ風じゃがいも][じゃがいも豆腐]を入れ、軽く煮込む。

4.器に盛り、みじん切りにしたネギを散らせば完成!

その他のメニューとして

・じゃがいもでサバの味噌煮
・じゃがいもたこ焼き
・じゃがいもホットドッグ
・じゃがいもかき揚げうどん


・じゃがいも唐揚げ
・じゃがいもシュウマイ

ジャガイモを茹でて潰して、練って。本当にいろいろなものに変化させてしまします。

みはるの節約料理 たまねぎ編

・タマネギカルボナーラ

麺、ソース、ベーコン全てが玉ねぎからできているというものまねカルボナーラ。

  1. 玉ねぎは小刀(キャラ弁とかで使う小さいカッター)を使って真上から5㎜幅の渦巻き状に切っていきます。
  2. これを食べやすい約30㎝程の長さにカットします。
  3. これは一度油で揚げます。揚げることで麺に近い食感と甘味が増します
  4. 2分ほどでアルデンテのような食感になりますので、油からあげてお湯に通し余分な脂を落とせば麺は完成
  5. 玉ねぎは電子レンジ(600w)で8分加熱します。ミキサーでしっかりまぜてとろとろにさせます。
  6. フライパンにとろみたまねぎ、卵黄、バター、塩を加えて玉ねぎパスタを絡めれば出来上がり
  7. ベーコンに見える玉ねぎは梅酢で着色し、最後にトッピング

これで材料費80円。そしてカロリーはおよそ1/4に!とてもヘルシーなカルボナーラです。ベーコンは別として、麺のアイディアそして生クリームを使わないとろみ玉ねぎを使ったソースの作り方は真似したいと思いました!

・タマネギすき焼き

【肉もどき玉ねぎの作り方】

  1. 玉ねぎを薄切りにし、ボールに片栗粉、小麦粉、しょうゆ、玉ねぎを加えます
  2. よくかき混ぜてラップで玉ねぎの塊を作ります。
  3. ラップで包んだ状態で電子レンジで2分加熱
  4. 塊に小麦粉をまぶし、120度で2分揚げれば肉もどき玉ねぎの完成
  5. このお肉はカットしてすき焼きの鍋に投入

【豆腐もどき玉ねぎの作り方】

  1. とろみ玉ねぎ、豆乳、片栗粉、塩を鍋にいれて弱火で加熱します
  2. 豆腐タッパーに入れて冷やし固めたら完成
  3. 好きな大きさにカットして使えます

あとは、すき焼きの割り下でえのき、しゅんぎく、玉ねぎ豆腐、玉ねぎ肉を入れれば完成!1日前61円と激安料理に

その他のメニューとして、

・とろとろタマネギ&タマネギの氷
・タマネギ焼きおにぎりのだし茶漬け


・タマネギの春巻き
・タマネギすし
・タマネギチキン南蛮
・タマネギピザ

みはるの節約料理 きゅうり編

青椒肉絲(チンジャオロース)

材料
<ピーマン・たけのこ>
きゅうり 1本
しょうゆ 大さじ1
みりん 小さじ1

<肉>
きゅうり 1本
しょうゆ 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
小麦粉 大さじ1/2
牛脂 5g

<A>
オイスターソース 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
酒 小さじ1

<仕上げ>
サラダ油 大さじ1/2
生姜(せん切り) 5g
水溶き片栗粉 小さじ1
ごま油 少々

1、ピーマン・、たけのこを作る。きゅうりを長さ三等分に切ってそれぞれ皮を厚めにむき、皮と果肉部分を分ける。皮部分と果肉部分を細切りにし、果肉部分にしょうゆとみりんを入れて絡める。

2、肉を作る。皮をむいたきゅうりをせん切りにし、しょうゆ(大さじ1/2)を混ぜ、水分をしっかりと絞る。残りのしょうゆ(大さじ1/2)、片栗粉、小麦粉、牛脂と合わせラップに包み600wの電子レンジで1分加熱する。粗熱が取れたら、細切りにする。

3、フライパンにサラダ油、生姜を入れ温め、(1)、(2)を入れて炒める。

4、<A>を入れて炒め合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。ごま油を振りかけたら完成です。

カキフライ&ヘルシータルタルソース

材料
<カキフライ) >
きゅうり 1本
塩 ひとつまみ

<A>
すりおろしきゅうり 60g
オイスターソース 小さじ1/2
塩昆布 3g
片栗粉 6g

<仕上げ>
小麦粉
パン粉
揚げ油

<タルタルソース) >
すりおろしたきゅうり 1本分
みじん切りきゅうり 1/2本分

<B>
ごまペースト 大さじ1
オリーブ油 大さじ1
卵黄 1個
塩 小さじ1/2

【カキフライの作り方】
1、皮をむいたきゅうり1本をピーラーで薄く帯状にスライスし、塩で揉み水分を絞りしんなりさせる。

2、<A>を混ぜ合わせ、600wの電子レンジで1分加熱し、4等分にする。

3、(2)を(1)でクルクルと巻き込むように包み込み、衣をつけ180℃の油で揚げたら完成。

【タルタルソースの作り方】
1、すりおろしきゅうりとみじん切りきゅうりをまぜ、Bを入れよくかき混ぜたら完成。

肉まん

材料
きゅうり 40g

<A>
小麦粉 75g
BP 小さじ1
砂糖 大さじ1
ごま油 大さじ1/2
塩 少々

<肉ダネ>
きゅうり 100g
しょうゆ 大さじ1

<B>
焼き麩 5g
ごま油 小さじ1
片栗粉 大さじ1/2
ラー油 小さじ1/2

<仕上げ>
サラダ油 小さじ1
お湯 1/2カップ
ごま油 少々

【生地の作り方】
1、皮をむいたきゅうりをすりおろし、<A>の材料と混ぜ合わせ、ひとまとめにする。

2、(1)をラップで包んだら30分休ませ、生地を4等分に切る。

【肉ダネの作り方】
1、きゅうりは粗みじん切りにし、しょうゆを入れしっかりと水気を絞る。

2、(1)に<B>を入れ混ぜ合わせ、4等分にする。

【仕上げ】
1、4等分にした生地を広げ、肉ダネを包む。

2、フライパンにサラダ油を入れ温まった所に、(1)を並べ、お湯を入れたら蓋をして中火で3分、弱火で5分蒸し焼きにする。

3、蓋を外し強火で水分を飛ばす。仕上げにごま油をたらして完成。

 

 

なすを使った節約料理 (今週の有吉ゼミでは?)

11月11日の有吉ゼミでは「なす」を使用した節約料理を紹介します。

なんと「ロールキャベツ」「北京ダック」をなすで作るそうですよ。

北京ダック?いったいどうやって作るのでしょう。想像もつきませんよね。

11日の放送が楽しみです。

みはるの料理がすごい!!世間の反応は?

 

 

 

身近な野菜が普段からでは考えられない形でおいしい料理に変えてしまうのには、ついつい次が楽しみになりますね。

今後もみはるさんの活躍が楽しみです。

 

コメント