【顔写真】兒嶋勝 「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇 リーガルビジョン会長

芸能

「リーガルビジョン」の会長を務める兒嶋(こじま)勝ですが、ここに来て「東京ミネルヴァ」(弁護士法人)の破産に関わっていたことが明らかになり世間の注目を集めています。

(東京ミネルヴァHPより)

一体、兒嶋会長と東京ミネルヴァにはどんな関係があったのでしょうか?

ミネルヴァを支配した兒嶋勝は 武富士の元支店長

 ミネルヴァを支配していた、今回の破産劇の黒幕ともいえる広告会社とは
(株)リーガルビジョン〔渋谷区、代表霜田広幸、19年3月期(4カ月間の変則決算)売上高8億8100万円〕である。

 

 兵庫県出身で、消費者金融大手の武富士で札幌支店長までつとめた兒嶋勝氏が04年4月に設立した(株)DSC〔渋谷区〕がリーガルビジョンの前身。

  同社は弁護士などへの相談を取り次ぐサイト「法律の窓口」も運営し、過払い金ブームに乗って業績を伸ばした。

401 Authorization Required

現在もサイトは存在しますが、運用されておらず、「404」エラーばかりが出る状況です!!

 

 だが、東京国税局の査察を受けたことで身売りに動き、14年11月に東証2部上場の(株)RVH〔港区〕の子会社になった。

 そして、翌年2月に国税が正式にDSCと兒嶋氏を1億3000万円の脱税(法人税法違反)容疑で東京地検に告発する事態となり、
同年4月には「法律の窓口」のサイトを含む事業の受け皿会社としてリーガルビジョンが設立された経緯がある。

 

上記のように、脱税行為は知られていましたが、調査の結果、著作権侵害、販売委託契約違反も提訴されていました。

 

株式会社DSCを著作権侵害、販売委託契約違反として提訴

株式会社ディー・オー・エム(東京都世田谷区、代表取締役:松尾圭介)は、株式会社DSC(東京都渋谷区、代表取締役:児嶋勝)が運営するウェブサイト「行列のできる自己破産・債務整理相談所」及び同サイト上で公開されていた媒体紹介資料について、当社が運営する「自己破産・債務整理ガイド http://www.hasan-web.com 」及び媒体紹介資料と表現が一部同一といえるほど酷似していたとして、著作権侵害、契約違反で株式会社DSCに対し、損害賠償請求及び謝罪文の提出を求め3月9日、東京地方裁判所に提訴しました。 (2009・3月)

 

 リーガルビジョン代表に就任した霜田氏は、兒嶋氏の武富士時代の後輩で、DSCでも部下だった人物。

 表向き「兒嶋氏とは縁を切った」と話していたが、裏では兒嶋氏が絶対権力者の「会長」として支配する体制が続いていたそうです。

 

 兒嶋氏は、DSCとは別に淡路島で実質経営していた貸金業者で、出資法違反(違法金利)容疑での逮捕歴もあるいわく付きの人物だ。

東京ミネルヴァが過払い金を顧客に返還せず広告費に流用

東京ミネルヴァが破産した原因(背景)について、次のように報じています。

 

消費者金融を利用したことがある人に、過払い金利の返還が受けられるとの広告を大量に流していたことで知られるが、破産の背景には、依頼者に支払われるべき過払い金、少なくとも30億円が弁護士法人を実質的に支配する広告会社により流用されてきたという、弁護士にあるまじき不祥事があることが分かった。

 

過払い金が仮に1人当たり30万円だとすれば、被害は1万人規模に及ぶことになるが、
ある事情通は「被害者は2万人に達する可能性もある」と語る。

借入金で首が回らない、何とか生活を立て直したいと苦心の末相談した弁護士がただの金の亡者では救われません。

 

過払い金の流用は数年前から

リーガルビジョンもDSCと同様に経営が苦しい弁護士事務所に近づき、過払い顧客を集めるための広告プランを作成。

「武富士の社員が破綻時に持ち出した大量の顧客リストをもとに営業しているのはないか」とささやかれるほど、兒嶋氏は集客がうまかったようです。

 

 さらに「士業専門の総合アウトソーサー」を標榜し、関連会社のキャリアエージェンシー(株)〔渋谷区〕が事務員や相談員を派遣し、経理業務も含め事務所の運営は、事実上、リーガルビジョン任せになってしまう。

  実は東京ミネルヴァが返還前の過払い金(預かり金)に手を付け始めたのは、かなり前からのことである。

 初代代表の室賀晃弁護士が15年に死去し、後継者の河原正和弁護士も体調不良で辞任した末、川島弁護士が3代目代表に就任した17年8月には「預かり金に4億円の穴があいていた」(同)という。

 

 だが、過払い金返還請求の依頼者は消費者金融との交渉をすべて東京ミネルヴァ任せにしているため、資金の返還が遅れてもそれほどせっついてこなかったようだ。

 

 川島弁護士は状況を打開するため、集客アップで収益改善を図り、依頼者へ返す資金を捻出しようとした。

弁護士なのに「自転車操業」って意味を知らなかったのですね。

 だが、そのためには結局兒嶋氏の力を借りざるを得ず、同氏への依存がますます深まる悪循環に陥っていったそうです。

 

東京ミネルヴァ 代表 川島弁護士の告発

この様に、顧客の過払い金にリーガルビジョンが手を付けている状況なる前にも是正をしようとしたようだ。

本来消費者金融から過払い金が入金される銀行口座は、事務所の運営経費とは分別管理する必要がある。

 ところが、兒嶋氏が送り込んだ経理担当は指示されるまま同氏サイドへの送金を繰り返した。

 川島弁護士はことあるごとに是正を試みたが、

兒嶋氏は「広告をストップする」「派遣社員を引き揚げる」などと脅すような態度を取ったり、「一蓮托生よろしくお願いいたします」といったメールを送ったりするなど(下の写真)、一切逆らうことができない状況に追い込んだという。

 川島弁護士が資金流出の責任を問われるのは当然だが、兒嶋氏も罪深い。

 

【顔写真】兒嶋勝 「東京ミネルヴァ」破産の底知れぬ闇 リーガルビジョン会長 まとめ

弱者の味方、とまで言わなくても悩みがあるからこそ解決のために「高い着手金」を支払って頼った弁護士事務所のあまりにずさんな破産劇の裏に、弁護士を食い物にしている広告代理店の存在が明るみになりました。

しかし、事情通によれば「兒嶋氏の実質支配下にある事務所は東京ミネルヴァだけではない」という。

 都内や大阪のいくつかの弁護士事務所と司法書士事務所が実質的に支配下にあるとされ、同様の問題が起きている可能性が高いとのことです。

これ以上、不幸になりそうな人が増えぬよう、早期の解決を求めます。

 

芸能
シェアする
nabatomoをフォローする
今さら聞けない 本当に知りたいこと

コメント