プロテインって何だろう?

筋トレ

プロテインと聞いて、どんなイメージ?

プロテインを飲み始める前のイメージを思い出してみると、

ジムに通る「ガチなマッチョ」の方々が

ロッキーよろしくと生卵を1ダース飲み干すのと同様に

筋肉に命を懸けた人たちが飲む特別な飲料

でした。

自分には縁のないものだと思っていました。

好きなものを食べ、休みの日はゴロゴロして、ダラダラとスマホで好きなアニメやおもしろ動画を見ていることが幸せに思えました。

そんな日常ならば必要に感じるわけもありませんよね。

 

体が資本!! 足りてないのは「タンパク質」

あの頃の僕は・・・

ポッコリお腹のわりに腕や足は細く頼りないカラダ。

歳と共にだんだん薄くなった頭。

張りがなくなってきた肌。

きっかけは、「もったいない」から始まったプロテインですが、2週間ぐらいすると変化に気づきました。

僕の場合はまず、「肌の張りがよくなってきた」でした。

以前は年齢的にくすみが出始めていた肌でしたが、シャワーを浴びているときに気が付いたのです。

水をはじいている!!

よく玉のような肌とか言うじゃないですか。まさしくそれです。

今まで足りていなかったタンパク質が補充されてきてしっかり栄養が肌に入っていったんだと実感しました。

そして、もっと驚いたのが実は薄毛対策になっていたということ。

2年前

母方の爺様がツルツルだったんです。いとこたちも見事な頭なので「遺伝は恐ろしいね」と諦めておりました。

それが、プロテインを飲み始めてから2ヶ月ぐらいのこと

娘


 

パパ、頭産毛はきたじゃん。

えっ!!

まさか、髪の毛もタンパク質で出来ているとは分かっていても産毛が生えるとは!

 (正直、恥ずかしいですが…。)

現在半年間飲み続けて少しずつですが黒いところが拡大してきました。 😀 

きっと、今まで無精者だった僕が普通に栄養バランスをとるようになって

カラダがちゃんと答えてくれたんでしょうね。

 

プロテインは何からできてるの?

プロテインは粉状のものですが、科学的に作られたものではなく天然素材で作らたものが多いんです。

様々な種類の素材から作られています。

ホエイプロテイン

筋肉を付けたいと考えている人に最も人気のあるプロテインの種類といえば、一番流通しているホエイプロテイン

ホエイとは、チーズ製造の際の副産物。乳清とも言います。凝乳酵素によって牛乳中のタンパク質を凝固させ、水分と分離しチーズを製造するが、その水分の部分をホエイというのです。

僕が初めて「ホエイ」を知ったのは「銀の匙」という酪農アニメでチーズの残りかすの利用して家畜のエサに利用している、というエピソードでした。

「ホエイぶた」は味がよくなり研究が進んでいるという内容だったと思います。

まさか、こんなにお世話になるとはアニメを見ていた時、思いもしませんでした。

ホエイプロテインは身体に素早く吸収されるのが特徴です。
1~2時間程度で消化・吸収されると言われています。

その為、トレーニング30分後の「ゴールデンタイム」と言われる筋肉の栄養吸収の活発な時間にしっかりたんぱく質を入れられる、とトレーニーが進んで選ぶプロテインです。

 

ソイプロテイン

次にソイプロテイン、別名大豆プロテインとは、その名前から分かる通り、大豆に含まれるタンパク質。
大豆のタンパク質は、植物性のタンパク質では珍しい完全タンパク質であるため、大豆は「畑の肉」とも呼ばれ重宝されています。

 

その大豆のタンパク質が持つ特徴から、長い間ゆっくりと時間をかけて吸収されていくのが特徴。
そのため、満腹感を得やすかったり、タンパク質から分解されたアミノ酸を、長い間血中に供給することができるといった特徴があります。

ダイエットを目的にされている方、美容成分を気にしている方が選ぶプロテインです。

ダイエットといっても、基礎代謝量をメインに考えれば筋肉をつけることを優先される方もいますので、ホエイプロテインを選ぶ事もあります。

 

僕の家に最初にあったのは、ソイプロテインでした。メーカーによって独特なおまめ臭がするので苦手な人もいるかもしれませんね。

エッグプロテイン

エッグプロテインは、卵黄身を使用せず白身のたんぱく質のみを原料に作られた動物性プロテインのことをいいます。


黄身にはコレステロールが含まれていますが、白身には含まれておらず、コレステロールの心配がないので、安心して摂取することができます。
卵を使用していることから、脂肪を多く含んでいるのでは?と思もわれがちですが、そんなこともありません。

エッグプロテインの脂肪はほかのプロテインに比べて低脂肪なのです。
エッグプロテインは、ホエイプロテインと同じようにBCAAとたんぱく質が豊富なだけではなく、ソイプロテインに含まれているアルギニンの含有量が多いのも特徴です。
そのため、筋肉の増加と共に、筋肉を付けつつ減量をするのには最適のプロテインといえます。

だたし、「流通が少ない」「ほかのものプロテインに比べて高価」なのが現状です。

 

プロテインといっても基本天然素材。そこから「タンパク質」を出来るだけ取りやすくしたものなんです。

 

 

プロテインを飲む理由

ダイエットを始めるとはじめに調べるのがカロリー

私たちが,痩せたり,太ったりするのは必要量に対して摂取しなさすぎであるのか,摂取しすぎであるのかで変わります。

実は、私たちが口に入れる食べ物の中でカロリーとして存在するのは,タンパク質炭水化物脂肪の3つだけなのです。

意外と知られていない事実!!

タンパク質は1g当たり4カロリー,炭水化物は1g当たり4カロリー,脂肪は1g当たり9カロリーあります。

ビタミンやミネラルにはカロリーは全くありません。ビタミンやミネラルは,タンパク質や炭水化物,脂肪といったカロリーのあるものの中に存在します。

太ってしまうのは「カロリーの摂取過多」が主な原因

そのため、一番カロリーが多い脂質の量を抑えるのが効率的そしてカロリーを消費するために必要なのが筋肉をつけて基礎代謝量を上げることが王道なのです。

 

 

コメント